soap recipe 01

基礎となる石けんに、オプションとして配合される成分で、保湿やうるおい、刺激から肌を守り肌を整える効果を追求しました。天然の植物やミネラルを使っています。オプション成分もそれぞれ石けんの働きを有効にする重要なレシピです。
※素材コメントは、石けんの特徴では有りません。あくまでも素材の一般特徴です。
■湘南海塩
湘南地方でただ一人の塩職人。鎌倉の沖あいから海水を汲み上げ、薪で焚きあげた手作り天然海塩。海塩のミネラル成分は、殺菌作用、保湿効果、引き締め、古い角質の除去に優れ肌のセラミドの合成を助けて整える作用があります。海水のミネラルバランスは、赤ちゃんを育てるのに必要な「羊水」と同じなんですね。

■はちみつ
ハチミツは浸透性が高く、保湿力にも優れていて潤い効果があります。美肌を作るビタミンB群は肌荒れを整えたりする作用や美白成分ではるビタミンCなどが豊富に含まれ、アンチエイジングに効果的な抗酸化作用、ニキビやピーリングなどに効果的な殺菌作用、肌荒れなどに効果を発揮する消炎作用など様々な効果があります。

■ホホバオイル
大きな保湿効果があり、皮脂の成分と似ているため肌になじみやすく軽い使用感が特徴です。酸化安定性が非常に優れています。スキンケア商品に使われていることが多く、使用後の、しっとりすべすべ肌にはなくてはならないものです。

■シアバター
古来より傷や火傷の治療、乾燥や紫外線から肌を守る万能薬として様々な用途で使われてきました。乾燥から肌を守る高い保湿の効果や抗酸化作用(老化防止)もあります。乾燥肌や敏感肌の人には保湿効果におすすめです。また、アトピー性皮膚炎などの改善にも役立つと言われています。

■月見草オイル
月見草の種から採れる、高価なオイルとして知られる。ガンマリノレン酸が豊富。かゆみを抑えたり肌の傷や乾燥を癒します。古くからから美容成分としてスキンケア、美容液に使用されていますので、その成分の働きや安全性は◎。

■アボカドオイル
オレイン酸が豊富で、ビタミンA・Eを含有、酸化安定性に富にでいます。保湿効果に優れたオイルで、マイルドで肌がしっとり潤おうため、乳幼児や敏感肌、乾燥肌向けにおすすめです。高価で貴重ですが健康や美容に話題のオイルです。

■月桃葉油
月桃は、沖縄特産の芳香植物です。「甘くスパイシーな香り」は、その葉から摘出した100%天然のエッセンシャルオイルで、月桃の葉100kgからわずか30ccしか採れない貴重なオイル。その葉の成分には、消臭、防虫、防菌、防カビに有効とされています。


■アプリコットオイル
アプリコットオイルは、アンチエイジングオイル(若返りのオイル)とも呼ばれ、高濃度のオレイン酸が含まれているため抗酸化作用があります。肌なじみがよく、肌をやわらかくしてくれると言われています。成分の働きを壊さない低温で精製する貴重なコールドプロセス製法です。

ヨモギ葉エキス
ヨモギの葉に含まれる成分には保湿効果があるほか、収れん、殺菌、抗酸化、抗炎症作用があるとされている。日本でも、昔からカユミの炎症を抑え、アレルギー反応を和らげる沈静、緩和させる働きがあります。

■ビワの葉エキス
びわの葉に含まれる成分には、痛みを鎮め、傷を治す効果があり、古くから漢方の一つとして役立てられてきました。傷の修復機能が高いので、肌荒れを防ぎ、うるおいを保ちながらスベスベ滑らかになる感触は天然由来のびわの葉エキス独特なものです。

■抹茶(緑茶)
緑茶の、カテキン成分は抗酸化作用の美容有効で、抗菌、消臭効果も期待できます。またスクワラン成分が肌の弱い子供の敏感肌、皮膚炎のカサついた肌にも適度な潤いを与えながら洗い上げます。また、サポニンの洗浄作用は皮脂やホコリ、メイクなどの汚れをさっぱり洗い上げるといわれいます。

■あずき
江戸時代から愛されてきた美肌豆素材。あずきに含まれるサポニンの効果で肌のくすみや黒ずみをスッキリおとしてくれます。また、天然のスクラブ効果を発揮して古い角質などの汚れをやさしく洗い流します。適度なマッサージ効果もあり、肌表面の血行をよくすることでしっとり艶やか肌に…。

■紫根
漢方生薬として火傷・湿疹などの皮膚病に使われていた紫根。殺菌作用、抗炎症作用、創傷治癒の促進作用などがあります。肌の新陳代謝も高めるアンチエイジング成分としても話題の美容成分です。衰えだした年齢肌に水分と栄養を補給しふっくら色白の美肌へ…。

●NEXT→で、湘南石鹸が石けんに使っている全成分一覧です。

Img_189685f70c1bb40ea454384b81f3385b