Soap Craft Works Storys.

■石けん素地から練り上げる低温油脂鹸化法
(コールドプロセス製法)

自然に発生する熱を利用して、低温で1ヵ月以上じっくり成熟させる、非常に時間と手間のかかるコールドプロセス製法(低温油脂鹸化法/43~45℃製法)。低温だから成分の働きを壊さない。お使いになる方にとって、優しい使い心地を実感していただけます。もちろん石けん素地から作るため油脂原料にもこだわり、製造時の副産物として出来る保湿成分の「グリセリン」もそのまま残されています。量産の石鹸工場ではとても出来ないこだわりやさしさ想いの製法です。
Img_8c25f4410f6188675b1db1119c3bacec
●石鹸素地と成分表記された石けんは、出来上がった原料「石鹸素地」をメーカーから仕入れ、溶かす製法もあります。ということは、石鹸製造メーカーであっても、「石鹸の素は作らない」ということになります。それほど、素地の完成度は難しいということになります。
例えば、カレー屋さんが、カレーの素のルーはつくらずに、出来上がったカレーのルーを仕入れ溶かし使うという調理法です。
Img_09d57f3eb1ebec3da09b0428b7814f3f
■100%石けん化しないやさしさ想い「弱軟性石けん」。
100%石けん化せず鹸化率をわざと下げオイルの成分を残しています。ですから石けんのもとになるオイル(オリーブオイル、ココナッツオイル、アボカドオイル等)にもこだわっています。もちろんオプションオイルは鹸化させず配合。さらに市販される石ケンでは、取り除かれるやわらか保湿成分のグリセリンもたっぷり残っているので溶けやすいのが欠点です。石ケンに硬さを出す凝固剤も使っていません。
湿度の高い時期や場所では空気中の水分を集めてしまい、汗をかき柔らかくなります。それだけ保湿が高いということですが。使いづらい面もあります。それが、石鹸業界で湘南石鹸がはじめて名付けた「弱軟性石ケン」なのです。
■ウチごはん発想の石けんレシピでできた子供達。
自分が使うは、自分が食べると同じこと…。酸化防止剤、凝固、安定、調性剤等の添加物は使わずにつくりました。
「たとえば、家庭で作るご飯に防腐剤や添加物は必要ですか?」
入れますか?入れませんね。家ごはんは、ちょっと甘かったり、辛かったりしますがそれも笑って済まされます。それは、愛情ではないでしょうか。もちろん、ロットごとに自分で使い、泡立ちや使用感を試しています。基準にクリアできなかった子供たちもいます。手作り石けんは料理に似ている?薬品的な処方という言葉は使わずに私たちはレシピという言い方をします。ぜひ、ご理解いただける方に使っていただきたい石けんです

●成分の酸化や防腐を防ぐため、湘南石鹸はエアレスパックを採用しています。
Img_ad6c46009803716f633f1e5649c6a0ce
Img_9bc9bb3b031a8cee3fd6caad106f24fa
Img_11d01320d155ac87d27d09a9016aed62

■昔ながらのお肌に有効とされる特長成分を
 湘南地産原料でつくる「石けんクリエーター」。

湘南海塩石けんは、日本の塩100選にも選ばれた逗子・小坪の天然「海塩」を使用しています。海塩は、湘南唯一の手作り塩で、沖合海底の海水を薪釜で炊き上げている天然塩です。この海塩は食用として認可・登録されています。海塩はミネラル豊富で、殺菌作用、保湿効果、引き締め、古い角質の除去に優れていることに着目しました。製造者の頑固じじいの石鹸への使用許可を頂き、協力いただいております。
敏感肌、ベビーなど肌別に、もちろん使用感もさっぱりタイプからしっとりまでを湘南地産原料の天然成分を使うことで特長をだしています。

●NEXT.1→で、石けん洗顔ノ化粧水のCraft Works Storysです。